【株式会社 銀杏社】漫画編集・企画プロダクション





創業49年目、漫画専門のプロダクションです。
単行本、雑誌、アプリなど、多様なメディアで
「漫画の力」になれる編集者を求めています。


(2021年4月27日更新)


今年度の募集を開始いたしました。
来春卒の方はもちろん、既卒者・第二新卒者も大歓迎(入社日応相談)!!

【募集職種】 漫画編集者
【締め切り】 2021年6月30日(水)書類必着


●勤務地:東京都文京区音羽
【交通手段】東京メトロ有楽町線『護国寺駅』徒歩3分

●勤務時間:10:00~18:00(実際の勤務時間帯は部署、業務状況により変わります)

●給与:
・月給 240,000円以上(※固定残業代3万円、20時間相当を含む)

・試用期間あり(3カ月)

その間の給与・待遇に変動はありません。
●待遇・福利厚生:
・昇給:業績に応じて年1回(4月)

・賞与:年2回(7月・12月)

・交通費(月額5万円まで)

・家族手当あり

・社会保険完備(健康・厚生・雇用・労災)

・新潟県石打にスキー、テニス、水泳ができるリゾート施設

・伊豆熱川に温泉付きリゾート施設

●休日・休暇
・週休2日制(土日)
・祝日
・夏季
・年末年始(12月29日~1月4日)
・年次有給休暇


【募集要項】

●募集職種 

漫画編集者


●仕事内容
漫画・漫画単行本の企画・編集業務

・作家との打ち合わせ、進行、校了作業

・漫画企画の立案、取材

・漫画雑誌の広告ページ作成

・新人作家の発掘、育成

・コミック単行本の編集

・デザイナーとの打ち合わせ、スケジュール管理

※未経験者でも、先輩スタッフが一からしっかり指導します。


【応募条件】

・専・短・大卒以上

・2022年卒業見込みの方

(なお、履歴書に間違いがあった場合、条件が整わない場合等は内定を取り消すことがあります)

・第二新卒者、既卒者、未経験者歓迎!(入社日応談)


・漫画ほか、出版物に興味がある方

・業務に責任感を持って取り組める方

・礼儀正しく、周囲と助け合いながら働ける方

・細かい作業を最後まで成し遂げることができる方

・新規の事柄に関心を持ち、調べることが好きな方

・自分の考えや事実を、相手が理解できる形で伝えられる方


上記に一つでも当てはまる方は、ぜひご応募ください!

※PC・インターネット・デジタルデバイスに興味があると尚良し



【応募方法】

【2021年6月30日(水)必着】
応募書類を下記宛にご郵送ください。

(1)履歴書(直筆、写真添付)

(2)職務経歴書(あれば同封)

(3)エントリーシート(直筆、A4×2枚)【こちらからダウンロードしてください


【応募書類送付先】*********************************************************************
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-7-3 神保町NKビル3F
株式会社 銀杏社 編集者採用係
********************************************************************************************

※応募書類は返却いたしません。予めご了承ください。
※ご応募いただいた個人情報は目的外には使用いたしません。


【採用プロセス】

○書類選考

選考(6/30〆切後に行います)後、通過者に面接のご案内をいたします。
※選考結果は、合否にかかわらずご連絡いたします。
※書類選考には2週間ほどお時間をいただきます。

○一次面接

○二次面接

※人物重視の選考を心がけているため、三次~四次面接を行う場合もあります。

○内定・採用

※転職者・第二新卒者の入社日は相談に応じます。




【問い合わせ】

株式会社 銀杏社・統括室 採用担当  

TEL:03-3234-6889(平日11:00~17:00)

メール:saiyou2022@ginnan.co.jp

  
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
応募の前に、当社運営サイトをぜひご覧ください。
無料漫画専門サイト『漫画街』 http://www.manga-gai.net/
弊社デザイン室G×complexサイト https://gcomplex.net/
弊社オリジナルBLコミック紹介サイト http://comic-nectar.com/title.html
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「マイナビ2022」でも同様の募集をしています
マイナビ2022
※どちらから応募されても選考に影響はありません。



先輩インタビュー2021-2022年度




1:少年漫画誌編集部勤務/入社7年目 男性
現在、推理漫画、格闘漫画、コミカライズなどを担当




Q.銀杏社に応募した決め手は?

配属や異動先が漫画編集部以外の部署になる事も多い出版社と違い、編集プロダクションである銀杏社は主要業務が漫画の編集業務なので、漫画の編集業務に携われる可能性が極めて高いです。それがすごく魅力的でした。


Q.入社当時の思い出を教えてください。

入社当時というか入社以来、先輩たちの漫画や映画、ドラマに対する造詣の深さに圧倒されっぱなしです。作品の打ち合わせは、自分の感じた面白い物や好きなものを論理的に説明できないと成立しにくいため、読者としての「好き」だけでは通用しない事を思い知りました。


Q.編集者になって嬉しかったことは?

自分の好きな作品・作家さんの担当になると、彼らがどうやってキャラクターやお話を考えているのかを直接知れます。新しい作家さんに会えたり、打ち合わせで自分のアイディアが届くととても楽しいですし、twitterや書店店頭で自分の担当作が読者に届く瞬間が見れると泣きそうになります。だいたい毎日嬉しいです。


Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

一つはコミカライズの企画やオリジナルの企画を考えては編集長に相談したり、 外部の作家さん(漫画家さんだけでなく小説家さんにも)に会ったり、ヒットする連載を立ち上げられるように精力的に動くこと。もう一つは、ベテラン・新人問わず、作家さんにとにかく真摯に向き合うこと。編集には担当作家が複数いますが、作家さんにとって編集は一人。作家さんや作品に向き合う時には綺麗な姿勢であらねばと思います。


Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

時間のある今のうちに色々な作品を楽しみ、何で感動したのか何が好きなのかを俯瞰的に考える癖をつけると有利かもしれません。また、最終的に描くのは作家さんなので、自分が感じた面白さに根気強く付き合っていただくための努力が出来ると強いです。




2:青年漫画編集部勤務/入社19年目 男性
現在、ファンタジー漫画、エッセイ漫画などを担当




Q.銀杏社に応募した決め手は?

子供の頃から漫画を読んでいて漫画編集者という存在は常に気になる職業として頭の片隅にありました。就職活動をするにあたり、漠然と編集者になりたいと思っていた中で、漫画専門の編集プロダクションというところに興味を惹かれました。


Q.入社当時の思い出を教えてください。

毎号の扉ページや欄外に入れるコピーを考えるのは、担当作への理解や愛が試されている感じがして緊張感がありました。漫画家さんにコピーをほめられたときは嬉しかったです。


Q.編集者になって嬉しかったことは?

自分の立ち上げた作品がアニメ化されたことです。より多くの人の目に触れ、作品が大きくなっていく様を間近で見届けることができ、自信にもなりました。


Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

現在売れているジャンルの漫画の新連載を立ち上げることです。今までは割と自分の好きなジャンルの漫画を作ってきたのですが、現在の市場を意識して勉強しながら作品を作っています。


Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

漫画に限らず映画でもアニメでも、過去の名作や現在のヒット作を選り好みせずにチェックしておくと、編集者になった時にいろいろな面で役に立つと思います。





3:青年漫画誌編集部勤務/入社3年目 女性
現在、法律漫画、ファンタジー漫画、コミカライズなどを担当




Q.銀杏社に応募した決め手は?

就活中は漫画編集職を志望して出版社や電子書籍の販売会社を受けておりました。就活中、出版社で働く先輩に銀杏社の存在を教えていただき、そこで初めて「編集プロダクション」に興味を抱きました。出版物の中でも特に漫画の編集になりたかったので、漫画を専門としているというところに惹かれました!


Q.入社当時の思い出を教えてください。

「編集者」というと、怖い先輩がたくさんいると勝手にイメージしていたのですが、そんなことはありませんでした(笑) アットホームな雰囲気な中、入稿や単行本の作業など基礎をしっかり教えていただきました。教えていただいたことが今の自分の仕事に結びついていると思います。


Q.編集者になって嬉しかったことは?

持ち込みで出会った作家さんと一緒に作った読み切りの作品が雑誌に載り、読者の方から反響をいただいたことです! そこから連載になったのは本当に嬉しかったですね。とてもやりがいを感じました。


Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

立ち上げた作品や今の担当作品をどうしたらたくさんの人に届けることができるのか日々模索中です。社内の他媒体で宣伝記事の制作をお願いしたり、SNSでプレゼント企画を行ったり、単行本の1巻の装丁で悩んだり・・・。「正解」は見つかりませんが、たくさんの人に読んでもらうことが作品のためになると思うので、少しでも読者を増やすきっかけを作れるよう頑張っています!


Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

とにかくたくさんの漫画や小説、映画に触れることが大事だと思います!作品をインプットし、そして自分の中でどこが面白いのか噛み砕いて理解する…。漫画編集者が一番聞かれる質問が「どんな作品が好きなの?」です(笑) 自分の中で「面白い」という柱を見つけておくと今後もやりやすいのではと思います。頑張ってください~!




-->