先輩インタビュー

Q.銀杏社に応募した決め手は?

転職情報誌の募集広告に
「漫画好きな人、集まれ」と書かれているのが目に止まり、
面白そうだなと思ったのがきっかけです。

そして偶然にも、漫画家の友人の担当編集者さんが所属していた会社だったので、
なんとなく安心できるな、と思い応募してみました。

Q.入社当時の思い出を教えてください。

「編集者=厳しい、気難しい」というイメージを勝手に抱いていたのですが、
最初に配属された部署が若い先輩が多い部署だったこともあり、
学校のような和気あいあいとした雰囲気で
楽しく過ごすことができ、イメージが払拭されました。

Q.編集者になって嬉しかったことは?

自分が担当した作家の作品が連載になって、雑誌に載って、
単行本になるという一連の工程の全てが嬉しかったです。
電子コミックを手がけている現在は、
立ち上げた作品がヒットしてランキング1位を獲得して、
電子コミックだけではなく紙の単行本にもなったことはとても嬉しかったです。

Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

連載の立ち上げです。
電子コミックはダウンロード数で結果がすぐに出てしまう媒体なので、
売れ筋の傾向を取り入れつつ、作家さんのやりたいことが
どこまでできるのだろうか、というのは思案します。

また、私の仕事はクライアントさんありきの仕事なので、
クライアントさんの意見、作家さんの意見、そして自分の意見も伝えつつ…と
擦り合わせをするのに一番心血をそそぎます。

3者の力が合わさりヒット作が生まれるときは感慨もひとしおです。

Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

自分の好きなことは何かな?というのは意識していた方がよいと思います。
自分の好きなことを作品内で活かせる可能性のある仕事ですし、
それが叶えられるならこの仕事を続けていくモチベーションにもなると思います。

 

Q.銀杏社に応募した決め手は?

漫画関係の仕事に必ず就けるというのが魅力的で、
「作家と一緒に面白いものを作っていけるかも」という期待を持って応募しました。
好きな人気漫画の関連業務を、銀杏社が行っていたのも決め手でした。

Q.入社当時の思い出を教えてください。

デザイナー、印刷所、製版所などなど‥‥漫画雑誌や単行本は、
想像より遥かに多様な業種の人々が関わって出来がっていたことに入社当初は驚きました。
これまで一読者として読んでいた漫画への見方が大きく変わりました。

Q.編集者になって嬉しかったことは?

担当する新人作家と打ち合わせを重ねて完成した作品が、新人賞で上の賞を獲得した時。
作家さんと一緒に喜びを噛み締めました。
あと、憧れの作家さんのできたての生原稿を見ることができたこと!

Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

新人作家との連載の立ち上げです。
担当作家さんの中にある面白いアイデアを引き出すために、
色んな話を交えながら企画を練ります。

しかし、こちらが意見を投げかける時、
自信と根拠を持っていなくては作家さんを不安にしてしまいます。
「この作品はどうしたら面白くなるのか」という明確な正解のない議論に、
説得力のある意見を考えるのはやはり大変。

しかし苦労の末、手応えのある作品が生まれた時は大きな達成感があります。

Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

世の中の面白いものに反応できるようアンテナを張っておくこと。
そして面白いものを見聞きした時に「なんで面白いんだろう?」と
分析するよう日頃から意識しましょう。
あとストレスの発散はこまめに。健康第一。

 

Q.銀杏社に応募した決め手は?

必ず漫画の仕事に携われることです。
私は「漫画の仕事しかやりたくない」というくらい限定的に就活をしていたので、
銀杏社の業務内容は非常に魅力的でした。
某青年漫画編集部配属の内示をいただいた時はとても嬉しかったですね。

Q.入社当時の思い出を教えてください。

配属された時に一番衝撃的だったのは、編集者たちはとにかく面白いことに貪欲なことです。
部員の身の回りに起きた事件やニュースはすぐに編集部中に広がり、
ゲラゲラと笑いながら「面白いね! 漫画で使えるかも!」ということがよくありました。

Q.編集者になって嬉しかったことは?

作家さんと「最高に面白いです!!」と爆笑しながら作った漫画が、
世に出た時に「面白い!」と反応された時は嬉しかったです。
2~3人で机を囲んで作ったネタやお話を、
ストレートに世に届けることができるのが、この仕事の醍醐味なのだと思いました。

Q.今、一番力を注いでいる仕事は何ですか?

連載作品の立ち上げです。漫画編集というスキルは、とにかく経験しなければ身に付きません。
だから、まずは連載を起こして自分の仕事を獲得しなければいけません。
もちろん連載を起こすのは一筋縄ではいきませんが、チャレンジをすることで得るものもある。
そして、自分たちで「面白い」と思ったことが世に受け入れられた時の感動は最高です。

Q.漫画編集者志望の方へのアドバイス

とにかく自分の身の回りの「面白いこと」に敏感になった方がいいと思います。
映画やドラマを観ることも超重要ですが、家族のことでも、友達のことでも、
案外他人からすると面白かったりするものです。
そしてその「面白話」は、漫画のネタになるなど、必ず自分自身の武器になります。
苦労も多い仕事ですが、やりがいはそれ以上です。
日々勉強の毎日ですが、漫画編集は、最高に楽しい仕事です。