【株式会社 銀杏社】漫画編集・企画プロダクション





HOME>依頼について>制作の流れ

■制作進行の流れ および必要制作時間の例

まずは、締め切り日などの決定から始まり、下記のような段階を経て、漫画原稿が完成いたします。


1)企画内容の検討〜決定

締め切り日、ページ数、表現媒体(印刷/web等)、ギャランティ、版権などの詳細の検討と決定。

2)漫画家の選定

スケジュールやギャランティによって様々な候補漫画家を上げさせていただきます。
作品見本やキャラ表の提出により、イメージに合う絵柄の漫画家さんに依頼できます。

3)ネーム制作

ネーム(全体の構想ラフのようなもの)を作る事で、完成作品のイメージがつかめます。
この段階で「主人公のセリフを変えたい」「大きなコマで派手にしたい」などのご希望があれば修正致します。

4)下絵チェック

この段階で、「手にした商品名がハッキリ見えるように」「表情を笑顔に」など細かな絵柄の修正を致します。

5)原稿執筆

ページ数や漫画家さんのスケジュールによって差はありますが、目安として20ページで2〜3週間ほどかかります。

6)原稿完成、納品

完成原稿は紙原稿となりますが、データ化して納品する事も可能です。
※この段階ではフキダシの中の文字は入っていません。フキダシ内のフォント作成、およびタイトルロゴの制作もご注文に応じております。



■企業漫画作成チャート/サンプル

【某企業漫画 製作スケジュール内訳】

企業漫画の作成手順を、某企業様のケースをもとにご紹介します。
これは、創業者である社長が社内向けに出版した自伝をもとに、弊社が再構成・漫画化をし、企業様のサイト上にて4年間におよぶ連載をいたしました。
1話分で16~20ページの分量となります。

①弊社担当者が1話分の漫画用台本を作成。

………この作業に約1週間
(元となる出版物等がない場合、取材を行い台本作成します。約10日間で仕上げます)

②完成した台本を企業広報部様に送り、社長自ら検討。修正・補足等の指示をいただきます。

………リターンは最短で1日。
但し、企業様側のスケジュール上の都合もあるので、1週間以内が目安です。

③修正・補足を反映させた台本(第2稿)を提出。

………修正する量にもよるので、1日~5日位。

④社長・広報部様からOKをいただき、漫画家がネーム作成に入ります。

………約1週間

⑤完成したコンテを、社長・広報部様で検討。

(修正済みの台本が元になっているので、大幅な修正はまず発生しません)
………リターンは最短で1日。長くて1週間位。

⑥漫画家が原稿作業に入ります。

………完成までに、カラー原稿で約3週間。
(この間、ペン入れ前の下絵段階で、企業側に表情・服装・ロゴマーク等の細かい箇所の確認を取ります)

⑦弊社で漫画原稿をデータ化し、納品。

………3日~4日

●およそ、1回分の漫画製作で45~60日間程かかる計算になります。
[連載]となった場合、1年間に約6回~7回分の漫画が作成できます。