【株式会社 銀杏社】漫画編集・企画プロダクション





HOME>制作物一覧>北海道松前町『松前藩物語』

北海道松前町

『松前藩物語』

漫画/竹村いづみ
 江戸時代、三百諸藩の中で最北の藩があった町・北海道松前町。そこは数々の“意外”が詰まった、日本のフロンティアであった。北前船(きたまえぶね)交易によって花開く京文化。アイヌとの悲しい歴史。情熱に燃える北方探検の男たち。鎖国政策の限界に苦しみ、そして維新戦争の最期の地となる……。その開藩から明治維新による廃藩までの約250年の歴史を、現代に松前町に生きる女子学生と、町が誇る偉人・松前波響(はきょう)がなぞっていくストーリー。
 町からいただいた資料を元に、弊社編集が原作を執筆。資料を手配してもらって漫画家さんに渡し、原稿完成までを手がけました。その他編集作業は写植指定と、扉絵の監修など。総描き下ろし358ページ。およそ1年の制作期間でした。
*****************************************************

※サンプル版を見ることができます。

(その1) (その2)
*****************************************************

■北海道新聞にも紹介記事が掲載されています。 〈新聞記事PDF〉